マルチチャネルCTA

Image of Multichannel CTA test equipment

マルチチャネルCTAは、大半の気流における流れ場と乱流場のマッピング用として効率的かつお手頃価格のシステムを提供します。プローブアレイを使用することで、プローブの横移動の必要性を低減し、空間相関に基づいた測定も可能となり、最高16点を同時モニターできます。

研究室と現場の両方で使用できる当システムは、使いやすさと、費用効率に優れた多点操作性を兼ね備えています。6または8つの内蔵MiniCTA流速計ボードを有する装置筐体1つから構成されています。6チャネル型の製品ではシステム温度プローブが標準仕様となっており、この製品を現場校正用に基準流速トランスデューサと一緒に注文することができます。

2つの筐体を組み合わせて、最高16点を同時測定できます。マルチチャネルCTAシステムは、弊社標準の熱線プローブと熱膜プローブすべてと併用することができます。10進抵抗器とサーボループは工場出荷時に熱線プローブ用に最適化されていますが、熱膜プローブはユーザーによる簡単な内部調整が必要です。

コンポーネント

このソリューションのコンポーネントリストがライブページに表示されます。

今日のマルチチャネルCTAシステムの詳細

フレンドリーで知識豊富なディストリビューターのグローバルネットワークが、テストのニーズについて話し合うために待機しています。