コンフォートセンス

image of ComfortSense system

弊社のComfortSenseシステムは、気流速度・温度の多点測定を必要とする暖房・空調システムの研究開発用に設計されています。  ComfortSenseは、通風測定値を得るために2 Hzの周波数応答を持つ全方向センサーを備えています。

湿度プローブと動作温度プローブは、強力なアプリケーション ソフトウェアと共に提供されており、このソフトウェアは測定結果の画像表示機能を持ち、予測平均温冷感申告 (PMV) および予測不快者率 (PPD) を含む結果を表示します。

機能と利点

特徴

ベネフィット

Feature:

直接測定:

  • 風速
  • 大気温
  • 湿度
  • 作用温度
Benefit:

人間の快適さのためのすべてのパラメータを決定します

Feature:

複数のセンサーから測定するために最大96チャネルを接続します

Benefit:

効率的な測定キャンペーンを可能にします

Feature:

ソフトウェアは、三脚、平面、および3Dグリッドをサポートします

Benefit:

柔軟なセットアップ

Feature:

ドラフトおよび乱流強度プロパティ

Benefit:

熱基準に従った測定

Feature:

直感的なデータの提示、交換、レポート

Benefit:

使いやすい

Feature:

2Hzの市場で最も高い周波数応答

Benefit:

熱的快適性にとって重要な速度変動をキャプチャする

Feature:

校正済みプローブ

Benefit:

追跡可能な結果

今日のComfortSenseシステムの詳細

フレンドリーで知識豊富なディストリビューターのグローバルネットワークが、テストのニーズについて話し合うために待機しています。