熱線流速計(CTA)

Image of Constant Temperature Anemometry (CTA) test setup

熱線流速計(CTA)は流体中に熱線プローブ、またはフィルムプローブを設置することにより、1次元から3次元までの気流及び水流の乱流計測を行う計測手法です。

CTAは、超高速の変動のある流れ (高乱流) の点測定と、約0.1ミリの小さな流れの渦の解析が必要となる流れの微細構造体の研究に特に適しています。

CTAソリューション

 

StreamLine Pro

StreamLine Proシステムは、高度な […]
 

マルチチャネルCTA

マルチチャネルCTAは、大半の気流における流れ […]
 

MiniCTA

MiniCTAシステムは、弊社標準の熱線プロー […]

機能と利点

特徴

ベネフィット

Feature:

数cm /秒から超音速までの速度を測定します

Benefit:

幅広いアプリケーションをカバー

Feature:

高い時間分解能:最大数百kHzの変動

Benefit:

乱流の研究に最適

Feature:

高い空間分解能:1mm以下の渦

Benefit:

細かいスケールの乱流と境界層の測定用

Feature:

低騒音レベル

Benefit:

乱流スペクトルは、40年を超える振幅で解決できます

Feature:

3つの速度成分すべてを同時に測定します

Benefit:

完全な速度ベクトルを提供します

Feature:

連続アナログ出力

Benefit:

データの簡単な分析

ニーズに合った適切なCTAシステムを見つける手助けが必要ですか?

知識が豊富でフレンドリーな代表者の世界的なネットワークのメンバーとソリューションについて話し合います。